世界の名犬ファイル

ブラッド

シェットランド・シープドッグ犬写真

ファントム

シェットランド・シープドッグ犬写真

ブラッド

BIS.AM.JKC.CH. Sea Heven Blazin Saddles

シェットランド・シープドッグ犬写真
世界最高のウエストミンスター展でのベストオブブリード犬は非常に名誉であるため輸入は非常に困難です。チャンピオンの中のチャンピオンとでもいいましょうか、何しろ年間で100頭のチャンピオンができても、ウエストミンスターのベストオブブリード犬は1年に1頭だけ。ステイタスがあります。シェルティのブラッドはウエストミンスターでベストオブブリードをとる前からあこがれていて、ずっと交渉していましたがまさか譲ってもらえるとは思っていませんでした。1993年に来日が実現。当時シェルティのトップハンドラーとして、またプロハンドラーのボス的存在であった森喜夫氏がFCIアジアインターでブラッドをハンドリングしてくれることになったときは本当に感激でした。そしていよいよ本部展があり、ブラッドは本当にきれいグルーミングされていて、たとえ負けても本望だと思うくらいすばらしかったのですが、アメリカの審査員はなんとブラッドをリングアウトしたのでした。戦わずしてブラッドはリングを去りました。そのアメリカの審査員は本部展の約半年前にブラッドをアメリカでベストオブブリードに選んでいたのに、彼はブラッドを「オーバーサイズだ」と言ったのです。約5歳で日本に来たブラッドが背が伸びるわけがありません。アメリカで100回以上のベストオブブリードを獲得している名犬がオーバーサイズなわけがありません。私が輸入した犬の中でブラッドほど不本意な成績を残した犬はいません。その後、ベストインショーを何度も獲得。シュープリームドッグにも選ばれましたが、本当に残念でした。ブラッドはずーっと死ぬまで森喜夫氏に預かっていただき、いつでもすばらしいコンディションでいたのが、せめてものなぐさめでした。悲運の名犬ブラッド。

ファントム

BIS.BISS.AM.CAN.JKC.CH. Golden Hylite's The Phantom

シェットランド・シープドッグ犬写真
シェルティの名犬中の名犬!ショードッグとしても、種牡としても最高の名犬でしたが、日本に来た時はすでに7才近く、本当の活躍ができなかったことが残念です。それでも9回のベストインショーを獲得しています。

主な賞歴
1998年 No.1シェルティ
1998年 ペディグリーアワード受賞
シュープリームドッグ