ケアーン・テリア - 犬種別のしつけ、飼い方育て方や長所短所を有名トップブリーダーの方々に伺いました。

ケアーン・テリア

1. ブリーダーのプロフィール

ケアーン・テリア

M&R DEKO Kennel
目崎 和恵

幼い頃からブリーディングに興味があり、主治医に犬種の相談をしておりました。ケアーンテリアに決めた理由は、断耳、断尾しない丸顔のテリアであることです。1993年に初めて我が家にケアーンテリアが登場したのですが、当時のトップブリーダー「Lucky Karma」犬舎より「First Trucker of Lucky Karma Jp」と「Gratel of Lucky Karma Jp」を譲り受け、我が犬舎の土台犬になりました。この12年間で5回の繁殖を行い、ショーチャレンジをしています。2004年には親子4代本部展BOB入賞、INT,CH完成、ぺディグリーアワード受賞を果たしました。ショーを通じ、プロの方々や諸先輩から指導を受け、頭数を増やす繁殖ではなく、当犬舎へ残すための繁殖を行っており、このラインを愛する仲間たちと、細々とブリーディングを行っています。アメリカ、アイルランドの血統を引くラインブリードです。

■ 在籍犬のショー暦
「Gratel of Lucky Karma Jp」生後11ヶ月にてJKC.CH完成。後に、INT.CH完成。
1998年本部展BOB、FCIにてBIG多数入賞。R/Queen多数入賞。
姉妹犬「GRACE OF LUCKY KARMA JP」はモントゴメリーにて「W・B」入賞。

「Blissful Tina of M&R Deko Jp」生後11ヶ月にてJKC,CH完成。後に、INT.CH完成。
1999年本部展BOB,Group4入賞。FCI展にてGroup2、連合展にて多数BIG入賞。
1999年ぺディグリーアワード受賞。

「Crystal Sara of M&R Deko Jp」生後1歳でJKC,CH完成。後にINT,CH完成。
2003年本部展BOB入賞。FCI展にてGroup3、連合展にてBIG入賞。B/BIS多数入賞。
2003年ぺディグリーアワード受賞。

「Donna Summer of M&R Deko Jp」生後1歳にてJKC,CH完成。INT,CHリーチ中!
2004年本部展BOB&Group3,FCI&連合展にてBIG多数入賞。BIS多数入賞。
2004年ぺディグリーアワード受賞。

■ オーナー犬のショー暦
「Andante Noanoa of M&R Deko Jp」11ヶ月にてJKC,CH完成。
FCI東京インターBOB、P/BIS多数入賞。(Owner、Momoi,E)

「Dessy Mao of M&R Deko Jp」生後1歳にてJKC.CH完成。
FCIにてGroup2入賞。(Owner、Murayama,R)

ホームページ ケアーン・テリア - M&R DEKO Kennel

2. 犬種自慢あるいは魅力

ケアーン・テリア

最古のテリアと言われるだけあって素朴で頑丈です。「水陸両用テリア」と言えますが、「フルタイム4WD」というわけでもない、そのバランスが、魅力だと思います。人への信頼はかなり深く、一見無愛想に思えますが、とても明るい性格を持っています。アジリティーやドッグスポーツにも向いています。

3. どんな人が飼うのに向いていますか?

大型犬は無理だけど・・・犬らしい犬が好きな方。
アウトドアーが好きな方。
何かドッグスポーツをしたい方。

4. どんな人が向いてないですか?

面倒クサガリ屋の方。
悪戯を許せない方。
見た目の可愛さに惚れてしまう方。
ベタベタしたい方。

5. 長所

ケアーン・テリア

小さい犬や子供には優しく、辛抱強い。
訓練生が高い。
多数の毛色があること。

6. 短所

売られた喧嘩はかってしまう子が居ます。(特にオス犬)
オス同士を飼育するには飼い主側の犬種理解と、躾が必要です。
嫌なことは嫌!という頑固さがあります。

7. かかりやすい病気

我が家のラインでは、まだ1匹も他界していないので、
詳しくは分かりませんが、白内障はあるようです。

8. 手入れについて

ケアーン・テリア

ハサミを使わないトリミング(ストリッピング、プラッキング)です。毛を抜くことで毛が硬くなり、雨などをはじく毛質に成り、皮膚も丈夫になっていきます。毛質にもよりますが、最低2ヶ月に1回プラッキングを行えば、毎日のお手入れは、スリッカー、テリアパット、ピンブラシなどで十分です。毛色は、7回変わるといわれていますので、ウィトーンやレッドからブリンドルに変わる場合などもあります。そしてブリンドルは同じ毛色が無いほど、様々な毛色があります。RED(赤茶)、WITN(小麦色)、SAND(砂色)、BRDL(褐色)RED,BRDL、SILVER,BRDL、SAND,BRDL、他

9. 運動について

小型犬とは思えないほどの運動量が必要です。
10分ほどのトイレ散歩で良い!などと思ったら大きな間違えです。
ボール遊びなどを好むのですが、1時間でも2時間でも要求する体力があります。
成犬に成った際は、自転車を利用してトロット運動(ギャロップではない早歩き)を1日15分ほど行えば良いですが、気持ちが満足しないと思いますので、十分に遊びながら運動をすることが理想だと思います。

ケアーン・テリア

10. 他の犬との順応性について

血統によって、様々ですので一概には言えませんが、ベビー、パピーの頃(10ヶ月頃)までにたくさんの犬と遊ぶことが理想です。犬同士の社会性を身に付けることが出来れば、フレンドリーな犬になると思います。また、この時期に他の犬との接触が無い場合は、受け入れないこともあると思います。一度、嫌な思いをしたらなかなか直りませんので要注意です。が、多頭飼いをする事が不可能ではなく、本来はとっても明るい犬なので、上手に幼児期を送ることが重要かもしれません。