パピヨン - 犬種別のしつけ、飼い方育て方や長所短所を有名トップブリーダーの方々に伺いました。

パピヨン

1. ブリーダーのプロフィール

パピヨン

Happy Smiles Kennel (Smile Line Papillon)
平井 弘美

今から9年程前、私とパピヨンの初めての出会いがありました。その雄のパピヨンのChチャレンジをきっかけにその子のお嫁さんとして英国Ringlands犬舎のラインを引く雌犬をDOG WORLDさんにお世話いただきました。その後縁あってスーパーパピヨンENG CH Ringlands Cover Girlとの出会いが私をパピヨンの虜にさせたのです。これぞパピヨンといえるベティーの素晴らしい表現豊かな耳 、素晴らしい構成と流れるようななめらかな歩様。そのベティーにINT AM CH2代目エミールを交配して生まれたハリーはその両親の利点を十分に継承してくれました。FCIアジアインターでも父エミールの1999年BOB&G1&R.KING、母ベティーの2001年BOB&G2に続き今年2005年FCIアジアインターナショナルドッグショーにてハリーは見事BOB&G3を獲得、またINT CHも完成することができました。また2004年度激戦区の雄パピヨンでデッドヒートの末ペディグリーアワードを獲得することができました。ベティーの娘にはアメリカよりパピヨンの神様といわれる天才ハンドラー、ジョン・オルトン氏繁殖の素晴らしい若雄、ニモ&カービーの孫に当たるドミノを譲っていただき現在、素晴らしい子犬達が生まれています。

2. 犬種自慢あるいは魅力

パピヨン

パピヨンはチョウチョのような大きな耳を持った小型犬です。数は少ないですが耳が立たない場合はファレーヌになることもあります。 一般の本などでは体重は5キロ前後と書いてありますが、今現在では3キロ前後の個体が主流のようです。 外貌からするとエレガントで長毛のデリケートな小型犬と思いますが、実は意外と活動的で運動能力、訓練性能にも優れとても頭の良い犬種です。 またイヤーフリンジはデリケートですから注意してお手入れしてください。でも比較的手入れは簡単で体も丈夫で飼いやすい犬種です。

3. どんな人が飼うのに向いていますか?

小学生中学年以上のお子さんのいるご家庭、犬と一緒に遊びたいけれど大型犬はちょっと苦手と考えている方 、適度な運動を一緒に楽しみたいと考えている方。

4. どんな人が向いてないですか?

パピヨンは小型犬とはいえ比較的活動的で運動量が多い犬種です。ですから静かにのんびりと過ごしたい方には向きません。また小さいので就学前の小さなお子さんがいらっしゃる方はお子さんが乱暴に接したりして骨折させてしまう場合もあるかもしれません。

5. 長所

パピヨン

パピヨンは小型犬ですが、運動能力に優れているのでジャンプやボ−ル投げ遊び、アウトドアでの活動の同伴犬として十分楽しめます。その反面フランス王妃マリー・アントワネットの愛玩犬になっただけあって外見的にはエレガントで品のある美しい犬ですから、おしゃれな雰囲気も味わうことができるのです。 性格もフレンドリーで人なつっこく、陽気な性格です。

6. 短所

小型犬でパワフルな反面きゃしゃな部分もあるので、乱暴な取り扱い、過度な運動により骨折や外傷性の膝蓋骨脱臼などおこしやすいので注意が必要です。ジャンプ力がすごいので天上のないハウスでは脱走する場合もあります。

7. かかりやすい病気

一般にはパピヨンで気をつける病気と言えば遺伝性疾患として知られているものには、進行性網膜萎縮症という目の病気、膝蓋骨脱臼(パテラ)があります。それ以外にも運動能力に優れているため、肘関節脱臼、股関節脱臼などにも気をつけた方がいいでしょう。 先天的でなくても運動量の激しいパピヨンでは滑りやすいフローリングなどで後天的に外傷性の膝蓋骨脱臼になってしまうことはかなりあるようです。ですから関節については定期的な健康診断をしていくことがおすすめです。

8. 手入れについて

パピヨン

パピヨンは長毛になる犬種の割にはお手入れはいたって簡単です。定期的なブラッシング、コーミング、爪切り、耳掃除、足裏パッドのむだ毛のカット、定期的なシャンプーくらいです。

理想的なのはシルキーなシングルコートですがその場合は抜け毛も少なくお手入れもしやすいです。しかし血統によってはアンダーコートのある場合や毛玉の出来やすいコートの場合もあるので換毛期にはむだ毛取りは十分必要でしょう。イヤーフリンジはデリケートなので静電気は禁物です。無理に引っ張って切れ毛にならないように注意してコーミングしてあげてください。

9. 運動について

小型犬の割には運動能力に優れ、年齢が若いうちはエネルギッシュなのでかなりの運動量が必要な場合もあります。 個体差もあるので、室内で自由にしている場合はフローリングなどの床で滑らせないよう配慮が必要です。屋外ではボール投げや自由運動、またコミュニケーションのために時々リードを付けてお散歩もしてみてください。お散歩は歩いて15分程度で十分です。

10. 他の犬との順応性について

パピヨン

小型犬とはいえフレンドリーで陽気、物怖じしない性格です。家では生後2ヶ月のパピー達も平気で同居しているゴールデンや、ブルドッグに近づいていきます。血統にもより神経質な子も中にはいるようです。

パピヨン子犬販売パピヨン名犬ファイルも併せて是非ご覧ください。